家計簿・資産管理アプリの「マネーフォワード」でお金の管理が楽になった

f:id:stanleyblenz:20171202235413p:plain

無料で使える家計簿・資産管理アプリの「マネーフォワード」。
銀行やクレジットカードとマネーフォワードを連携すると、銀行残高やクレジットカードのWeb明細を自動に取得し、家計簿として記録します。
国内の全銀行を含む2,600以上の銀行・クレジットカード、電子マネー、ポイント等との自動連携に対応しているので、お金関係のものは何でも管理できるはずです。
わたしの場合、銀行、カード、ネットショッピングを管理しています。
そのほかにも、電子マネープリペイド、ポイント、証券などを管理することができます。

 

自動だから、手書きの家計簿のつけ方に悩む心配はありません。
複数のものをひとつのアプリでまとめて管理できるのが便利ですね。
機能的には、グラフで表示する機能が気に入っています。
家計や資産の内訳、過去からの推移のグラフや表が自動で作成されます。
推移や支払や支出の割合が直感的に把握できるのがとてもわかりやすくていいですね。
それとセキュリティが気になるところですが、メールアドレス、 金融機関にアクセスするための データは、すべて暗号化して 管理しているとのことなので安心です。

 

管理できるもの

・銀行
・クレジットカード
・証券
・年金
・ネットショッピング
・マイル
電子マネー
・携帯 

 

マネーフォワードの主な機能

f:id:stanleyblenz:20171202235724p:plain 

お金の流れを自動でグラフ化
銀行やカードをつなげば、お金の流れを自動でグラフ化。
2600以上のサービスの利用履歴・残高を 自動で取得し自動で家計簿を作成します。

 

複数の口座残高を一括管理
金融機関の対応数No.1! 複数の口座残高を一括管理。
2600以上の金融関連サービスに 対応しているので、ご利用中の サービスがきっと見つかります。

 

食費や光熱費など自動で分類
銀行やカードで使ったお金は、食費や光熱費など自動で分類。
分類に悩む時間が解消され、カンタンに 家計簿の作成が出来るようになります。

 

レシートの撮影で入力完了
レシートを撮影するだけで、 項目や店舗が家計簿へ反映されます。

 

カンタン手入力
お金を使ったらカンタン手入力! 毎日の通知で付け忘れない。
現金での支払は手入力でカンタン登録、 付け忘れ防止アラートで毎日続けられます。

 

自動家計簿をはじめよう

お金をきちんと管理したいけど、家計簿は大変そう…忙しくて続かない…そんな悩みを解決するのがマネーフォワードです。
銀行・クレジットカード・電子マネーなど、お持ちの口座やサービスをつなぐこと。
まずは連携を試してみましょう!
銀行やクレジットカードを連携すると、残高や入出金履歴を取得して、自動で家計簿を作成します。

f:id:stanleyblenz:20171205215130p:plain

こんな口座やサービスが連携できます。
この他にも、証券・年金・FX・不動産など、さまざまなサービスに対応しています。

銀行
口座への入金をお知らせしたり、公共料金の引落しを自動で家計簿に反映します。

カード
ご利用明細を自動的に家計簿に反映します。使いすぎをお知らせする機能も。

通販
Amazon.co.jp楽天市場など通販サイトの購入履歴が自動で家計簿になります。

電子マネー
モバイルSuicaなどの交通系電子マネーやコンビニの電子マネーにも対応。残高チェックもすぐできます。

 

お金の流れを見てみよう

家計簿はつけるだけでなく、振り返りが重要です。
家計簿のチェック方法についてご紹介します。
まずは、家計簿画面で月々の大きな支出を確認してみましょう。 

f:id:stanleyblenz:20171205215331p:plain

気になる項目をタップすると、項目別に毎月どんな内容にいくら使っているかを確認できます。
銀行やクレジットカードなど、口座別の推移も確認することができます。
口座メニューの「口座一覧」で、連携している口座・サービスのカードをタップしてみましょう。
月々のクレジットカード利用額を確認したり、貯金額が増えているかどうか確認したりできますよ!

 

家計診断を使ってみよう

自分の理想の支出バランスがわかる『家計診断』機能の使い方をご紹介します。
「家計診断」は自分にあった理想の家計を表示する機能です。
理想の家計の支出と自分の支出を比較して、節約ポイントを見つけたり、収支計画を立てたりすることができます。

 

f:id:stanleyblenz:20171205215525p:plain

 

MY通知を活用しよう

お金の使いすぎや「ついうっかり」を防ぐ便利機能『MY通知』の活用方法をご紹介します。
『MY通知』は、見落としがちなお金の動きをお知らせする機能です。
銀行やカード、電子マネーなどを連携いただくと、お金の動きがあったときにお知らせいたします。

f:id:stanleyblenz:20171206230307p:plain

高額の入出金やカードの使いすぎ、引き落とし額不足などをお知らせするので、お金にまつわる「ついうっかり」がなくなります。
・カード利用額が前月を超えたとき
・カテゴリごとの支出が前月を超えたとき
・カード引き落とし時に銀行残高が足りないとき
・クレジットカード引き落とし額が確定したとき
などの通知を設定できます。

 

『財布(現金管理)』を使ってみよう

自動連携は便利ですが、手元のお財布に入っている金額の確認や、現金での支出管理をしたい場合がありますよね。
そんな現金の管理に便利な『財布(現金管理)』の機能をご紹介します。

f:id:stanleyblenz:20171207223553p:plain

財布の残高を、口座として登録し管理することができます。
銀行口座を連携していれば、ATMで銀行口座から引き出した金額が、自動的に財布の残高に反映されます。
財布から現金で支払った金額を入力すると、財布口座の残高が減るので、実際の財布を開かなくても、財布の中身がいつでも把握できます。
財布口座を作成する際に、ATM引き出しを連動する銀行口座を設定できます。
ATM引き出しとの連動設定が完了すると、ATMで銀行口座から引き出した金額が、自動的に財布に反映されるようになります。
*銀行口座との連動を設定しない場合でも、手動でお財布に収入を入力して管理することができます。

 

家計簿をカスタマイズして使ってみよう

マネーフォワードをより便利にご利用いただくために、家計簿のカスタマイズ機能をご紹介します。
設定しなくてもご利用いただけますが、使いやすい家計簿にするための参考になれば幸いです。

f:id:stanleyblenz:20171208193430p:plain

家計簿の集計期間の開始日を、給料日などの管理しやすい日付に設定できます。
最初の設定では開始日は「毎月1日」になっていますが、25日など給料日にあわせた開始日にすると、次のお給料日までの計画を立てるのに便利です。
設定した開始日が土日祝日の場合は、自動で前後の平日を開始日にすることも可能です。
開始日の設定が完了すると、設定した日付から1か月間(例えば25日に設定した場合は25日~翌月24日)の入出金を家計簿で集計します。

 

Web版を使ってみよう

マネーフォワードはクラウド型の家計簿サービスなので、ご利用されているアカウントでログインしていただくだけで、スマートフォンはもちろん、パソコンやタブレットからも家計簿を確認することができます。
パソコンの大きな画面を使って振り返りができます。
キーボードがあるので入力も簡単。金融機関の連携設定もWeb版ならスムーズです。

 

ウィークリーレポートメール

毎週土曜日に、現時点での口座の入手金履歴や資産情報、お金の管理に役立つ情報が送られてきます。 

 

プレミアム会員

月額利用料500円のプレミアム会員。
プレミアムサービスの機能は、初回利用に限り30日間無料で利用できます。
プレミアムサービスでは、『昨年と今年の支出比較』や、『理想の家計との支出比較』をお使いいただけますので、家計の無駄を発見しやすくなります。

役立つ機能がたくさん
プレミアムサービス機能は、下記のとおり収支比較以外にも多くの機能があります。
まずはプレミアムサービスをお試しいただき、利用シーンにあった機能を見つけていただくのがおすすめです。

f:id:stanleyblenz:20171217233343p:plain

一括更新

『一括更新』ですべての口座の情報をまとめて更新。
プレミアム会員は、無料会員の10倍の頻度で口座の情報が更新されます。
さらに、便利な『一括更新ボタン』をお使いいただくことで、気になったときにすぐ、すべての口座の情報をまとめて更新できるので、毎日の確認がもっと気軽になります。 

マンスリーレポート

『マンスリーレポート』で毎月の成績チェック。
家計と資産のレポート『マンスリーレポート』を、毎月自動で作成。
マンスリーレポートでは、収支バランスや前月からの変化がひと目で分かる「家計資産レポート」と、理想の家計とあなたの家計を比較できる「家計診断」をご覧いただけます。
マンスリーレポートを活用すれば、見るだけでその月の家計の成績チェックができるので、改善点が見つけやすくなります。 

f:id:stanleyblenz:20171217233749p:plain

総資産の内訳・推移

総資産の内訳・推移がひと目でわかる。
「貯蓄はどのくらい順調なんだろう?」
「今どのくらいの資産を投資に回せているんだろう?」
そんな疑問も、『資産内訳・推移』機能を使えば、すぐに確認できます。
「現金・預金」「投資信託」「株式」などに分けて資産の内訳・推移がわかるので、貯金や投資の状況をひと目で確認して、すぐに行動に移せます。 

 

以下の記事も一緒に読まれています