Netflixで観ることができるマーベルコミック原作ドラマ

f:id:stanleyblenz:20171123232938p:plain

マーベルコミックといえばDCコミックスと並ぶ二大アメコミひとつ。
マーベルといえば、最近ではアイアンマンやアベンジャーズなどの作品が大人気ですよね。
最新作の『スパイダーマン:ホームカミング』、『マイティ・ソー:バトルロイヤル』を見た方も多いはずです。
マーベルコミックは映画の印象がとても強いですが、密かにドラマも数多く制作されています。

 

マーベルコミックといえば、
スパイダーマン
・アイアンマン
マイティ・ソー
キャプテン・アメリカ
ファンタスティック・フォー
・X-メン
などがお馴染みですね。
ドラマではなく、映画で見たことがある方がほとんでしょう。
わたしも上記の作品をドラマで見たことはありません。
マーベルは映画化しているものは、ほとんどドラマ化していない気がしますね。
わたしが映画とドラマで両方見たことがあるのは「デアデビル」ぐらいです。

 

だからこれから紹介するドラマも映画化されて幅広く知られている作品はほとんどないです。
数あるマーベル映画を見てきたわたしも、初めて名前を知った作品もあるぐらいです。
だけどどれもおもしろい作品ばかりです。
そんなマーベルコミック原作のドラマが、Netflixで観られるんです!
これは見ないわけにはいきませんね!

 

デアデビル

f:id:stanleyblenz:20171123233221p:plain

デアデビル
その闘いは、正義か?
昼は弁護士、夜は盲目のクライムファイター。
アベンジャーズの戦いの後の荒廃した ニューヨークのヘルズ・キッチン。
幼い頃に事故で失明したマット・マードックは残された感覚を鍛え、超人的といえる力を身につけた。
昼は盲目の弁護士として、親友と開業した法律事務所で法の下に正義を追求し、夜は覆面の男として法では裁けない裏社会と闘う中で、街を操ろうとする強大な敵と対峙することとなる…。
盲目というハンデがありながら、知的でジェントルな弁護士という昼の顔と、正体を隠したクライムファイターという夜の顔を持つ主人公が、正義感と暴力衝動の狭間で孤独と矛盾に苦悩しながら、デアデビルになっていく姿を描いたリアル・アクション!

 

アイアン・フィスト

f:id:stanleyblenz:20171123233422p:plain

アイアン・フィスト
ニューヨークへ生きて帰って来た。
死んだと思われたダニー・ランドが15年ぶりに姿を現す。
大人へと成長し、アイアン・フィストの力を手にした今、自らの過去を取り戻し運命を全うする時が来た。

 

ルーク・ケイジ

f:id:stanleyblenz:20171123233748p:plain

ルーク・ケイジ
冤罪で服役中に超人的な力と無敵の皮膚を得た男が脱獄し、悪に蝕まれていくハーレムの街を救うため、フード姿の戦うヒーロー、ルーク・ケイジとして立ち上がる。
冷酷なクラブ経営者コットンマウスのせいで、ハーレム街に不穏な動きが出始める。
誰にも邪魔されない静かな暮らしを望むルークだったが・・

 

ジェシカ・ジョーンズ

f:id:stanleyblenz:20171123233953p:plain

ジェシカ・ジョーンズ
強くて美人で超ドS。
最凶の“洗脳者"に立ち向かえるのは、彼女だけ。
マーベルが放つ、あの話題作がついに登場!
・・・・・欲望渦巻くニューヨークのスラム街“ヘルズ・キッチン"。
タフで腕の立つ私立探偵ジェシカ・ジョーンズは、人目を避けて静かに暮らしていた。
ある日、浮気調査を得意とする彼女の元に、行方不明者の調査依頼が舞い込む。
報酬目当てで引き受けた調査だったが、その足跡を辿って行くうちにジェシカは奇妙な既視感を覚える。
それはかつて、洗脳された彼女自身が取った行動と酷似していたのだった―。
忘れようとした過去の悲劇を再現され、心の均衡を乱していくジェシカ・・・・・。
果たして彼女は過去と向き合い、宿敵を倒すために難事件を解決できるのか?

 

ザ・ディフェンダー

f:id:stanleyblenz:20171123234215p:plain

ザ・ディフェンダー
デアデビルジェシカ・ジョーンズ、ルーク・ケイジアイアン・フィスト
4人のヒーローが結集し、ニューヨークの街を蝕む黒い陰謀を完膚なきまでに叩きのめす!
アベンジャーズのように各作品のヒーローが集結するのはマーベルの得意技ですね。

 

パニッシャー

f:id:stanleyblenz:20171123234511p:plain

パニッシャー
海兵隊員の男は、大切な家族を殺した犯罪者たちへの復讐を果たして行く。
だが気づいた時には、大きな軍の陰謀に男自身が巻き込まれていくのだった。
家族を殺された過去を背負う、元海兵隊のフランク・キャッスル。
法では裁けぬ悪党に自らの手で裁きを下す一方、亡き家族の幻影に苦しみ続けていた・・
デアデビルにもフランク・キャッスルは登場していましたね。

 

以下の記事も一緒に読まれています