気軽に読める Kindle Unlimited 読み放題のおすすめ本 2017年9月編

f:id:stanleyblenz:20171001222633p:plain

Kindle Unlimited を使っているでしょうか?
Kindle Unlimited とは月額¥980円でマンガ、雑誌、小説、実用本、洋書などが読み放題のAmazonの読書サービスです。
(1カ月無料体験あり)

 

チョイスされている本は決してベストセラーばかりというわけではないですが、とにかく圧倒的な作品数が揃っているので、気になるものがきっと見つかると思います。
わたしの Kindle Unlimited での本を選ぶ基準は、表紙のデザインや気になるタイトルで決めたり、どこかで聞いたことあるなー、見たことあるなーという感じで、ランダムに選んで読んでいます。
値段を気にせず、気軽に読めることがいいですね。
購入することはないけど、立ち読みなら・・という感じでとりあえずいろいろ読んでいます。
なかには Kindle Unlimited でこれが読めるのか!という発見もあり、掘り出し物を見つける楽しさもありますね。
小説の場合はちゃんと読みますが、それ以外のものであれば基本は流し読みです。
期待をしすぎず、ちょっとためになったなーとか、ちょっと得したなーぐらいの気持ちで読むのがいいと思います。
それができるが定額サービスの魅力ですからね。
期間限定の本も多いので、頻繁に Kindle Unlimited でチェックしています。
最新のベストセラーが読みたい!というかたにはあまり向いていませんが、それほど本にこだわりがないのであれば、
Kindle Unlimited は絶対おすすめです。

 

Kindle Unlimited:読み放題 ジャンルとアイテム数

・文学・評論 (18,820)
・人文・思想 (16,304)
・社会・政治 (7,236)
・ノンフィクション (2,337)
・歴史・地理 (6,238)
・ビジネス・経済 (9,052)
・投資・金融・会社経営 (3,753)
・科学・テクノロジー (6,374)
・医学・薬学 (1,582)
・コンピュータ・IT (2,799)
・アート・建築・デザイン (7,210)
・趣味・実用 (8,085)
・スポーツ・アウトドア (3,034)
・資格・検定・就職 (481)
・暮らし・健康・子育て (6,811)
・旅行ガイド・マップ (2,811)
・語学・辞事典・年鑑 (2,090)
・教育・学参・受験 (4,281)
・絵本・児童書 (2,920)
・コミック (30,990)
ライトノベル (2,250)
ボーイズラブ (3,673)
ティーンズラブ (1,387)
・タレント写真集 (5,619)
・エンターテイメント (2,148)
・楽譜・スコア・音楽書 (392)
・雑誌 (6,928)
・アダルト (22,681)  

 

Kindle Unlimited で読んだ本の一覧 2017年9月編

明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術

本当の意味で仕事ができる人は、体調や気分に左右されることなく
常に高いパフォーマンスを発揮できる能力を兼ね備えています。

そのために必要なのは、能力ではなく技術です。
技術は後天的に身につけられます。

「疲れず結果を出すやり方」と「疲れてもいち早く回復する方法」を身につけて、
ストレス・長時間残業とは無縁の生活を送りましょう。

【目次抜粋】
序章 「仕事で疲れない」にはコツがある プロフェッショナルの定義
疲れない人はいない/疲れを制する6つのポイント

第1章 ベストコンディションをキープする 疲れと仕事
基礎知識疲れは3つに分類できる/メンタル不調を見逃さない4つのA

第2章 疲れにくい心と体のベースをつくる プロフェッショナルの生活習慣
睡眠のゴールデンタイムを外さない/外食でもコンディションを上げる/満員電車でもできる簡単トレーニング

第3章 ストレス・プレッシャーに強くなる 心の疲れを溜めない思考法
折れやすい心の3タイプ/ABCDE理論/心を軽くする「はひふへほ」

第4章 残業ゼロでも結果が出まくる 超・効率仕事術
ワールドスタンダードは昼休みが短い/仕事は「クイック&ダーティ」で/引き受けたくない仕事は「アサーティブ」に断る/できる人ほど他の人に仕事を振る

第5章 仕事は人間関係が9割 ムダなストレスを生まない調整力
仕事の人間関係を整える6つの基本姿勢/コミュニケーションがうまくいく4つの技術

第6章 疲れを速攻吹き飛ばす 働くための休息術
休むことに罪悪感を感じていないか/自分が思うほど会社や上司はあなたを見ていない/セルフコンディショニングは「4つのR」が決め手

終章 プロフェッショナル総論 「仕事で疲れない」人の資質
仕事で疲れない人が持っているもの/目指すは「ワーク・ライフ・ソーシャルバランス」

 

リーダーのための!ファシリテーションスキル

・初めてリーダーを任された
・チームの成果を上げたい
・もっと会議を生産的にしたい
・大きなプロジェクトのリーダーに抜擢された

これからリーダーシップの発揮を期待されるすべてのビジネスパーソンに読んでほしい1冊!

ファシリテーションとは、単なる会議の進行役のスキルではありません。チームを率いて成果を生み出すリーダーシップの一つのスタイルであり、決断を担うリーダーのために欠かせない、重要なスキルなのです。

早稲田大学ビジネススクールはじめ、企業、NPO地方自治体などで活躍の人気ビジネスコーチが、どこよりもすごいチームを作る、「ファシリテーティブリーダー=ファシリーダー」になる方法をイチから教えてくれる1冊!

 

自分らしく要領よく仕事をしてなぜか評価されるズルイ働き方

人それぞれに異なる仕事へのモチベーションの発端=幸福感に、どう近づいていくか。
平均化・常識化の考えにとらわれず、「自分だけの幸せ」を追求していく。「働き方」の新モデル本。

仕事なんかで心を折らない。「自分の時間」をムダにしない。超絶長い定年までの道を楽しむ。
会社は変わらない。だから、自分が変わるんだ。ちょっとした「心の入れ替え」と、少しの背伸び。平均化・常識化にとらわれない自分らしい仕事術。

 

続 聞き出す力

無駄に波風を立てながら、最終的にはいい着地点に持って行く──
週刊漫画ゴラク』同名連載を単行本化し大好評を博した、現代屈指のインタビュアーによる、相手からいかに面白い話を引き出すかのテクニックや、これまで接した著名人とのエピソード集第2弾。
前作以上にパワーアップした爆笑&おどろきエピソード満載!
相手から話を聞き出すために必要なテクニックや心構えを、これまで接してきた著名人たちとのエピソードや裏話を絡めて完全披露。
日本「唯一」のプロインタビュアーとして、大胆不敵に取材対象者に切り込むことで引き出される「相手の本音」が、ときに爆笑ときに感動のエピソードを紡ぎ出します。
エッセイとしても技術書としても、どこから読んでも必ず満足できる一冊です! 

 

伸びる会社は「これ」をやらない!

「 社員のモチベーションをアップさせる」
「教育は手取り足取り」
「若い社員はほめて育てる」
「経営者は進んで現場に入り、現場の意見を吸い上げる」
「結果だけではなく、プロセスも評価してあげる」 etc…
いずれも、近年ではあたり前とされているマネジメント手法ですが、こうした手法で、実際に組織の生産性や効率が上がった事例は少ないのが実態では? 
部下のモチベーションや技能がどんな状態にあろうと、企業は利益を上げ続けなければ潰れてしまいます。
部下に媚びても、実際には大した成果は上がらないものです。
近年流行りの「部下に寄り添う」マネジメント手法とは一線を画し、企業内での位置関係を重視することで成果を上げるマネジメントノウハウを、企業経営者の間でじわじわと人気が高まっている「識学」の第一人者が解説する、待望の1冊です!! 

 

SEは死滅する 技術者に未来はあるか編

SIerの余命は5年」「IT部門は“かまってちゃん"」「ブラックを排除しないのならSIerもブラックだ」・・・IT総合情報サイトの名物コラムニストがIT業界の不条理を斬る『SEは死滅する』の第2弾。
日本のIT業界は、著者が「SIガラパゴス」と呼ぶ、世界でも類を見ない特異な業態。ハイテク産業のイメージと裏腹に、多数の技術者を動員する人海戦術でシステムを開発するため、SIer、下請け、孫請け、ひ孫請け…と何段もの多重下請け構造を形成する。
そんな日本のIT業界に“絶滅の危機"が迫る。
デジタルマーケティング、IoT、フィンテックなど「ビジネスのデジタル化」のトレンドが全てを変える。
素人集団と化し古いシステムのお守りしかできないユーザー企業のIT部門と共に、SIerや下請けベンダーはまもなく用済みとなる。
IT業界、そしてユーザー企業のIT部門で、プロジェクト炎上などの不条理の中で働く技術者に、はたして未来はあるのか。
マイクロソフトのチーフアーキテクトやCIO経験者ら4人の識者と著者の対談も収録し、鋭い切れ味の暴論で技術者の“生きる道"を示す。
IT専門誌「日経コンピュータ」の元編集長で、IT総合情報サイト「ITpro」の人気コラム「極言暴論」の著者が、技術者に大いなる気付きを与える必読の一冊!

主な目次
【第1章】技術者を使い捨てる日本のIT業界の末路
【第2章】丸投げのIT部門、人月商売のITベンダーの喜悲劇
【第3章】諸悪の根源、劣化したIT部門の不都合な真実
【第4章】デジタルビジネス時代、ITベンダーの生きる道

 

ほとんどの社員が17時に帰る10年連続右肩上がりの会社

残業も、長時間労働もいらない! 「離職率100%、定時は終電」の元超ブラック企業の取締役がつくった超ホワイト企業

「残業をしないで10年連続で売り上げを上げ続けている会社」として多くのメディアに取り上げられ、2013年には、東京ワークライフバランス認定企業の育児・介護休暇充実部門に選ばれたランクアップとはどんな会社なのか?
残業しないで効率よく売り上げを上げる3つのこだわり、社員みんなで残業ゼロを実現するための7つの働き方、また「17時に帰っていいよ制度」「選べる時間休」「PCメガネ支給」「無農薬野菜支給」「病児シッター制度」などなど、働きやすい職場と売り上げアップを同時に実現する会社をどうやってつくられたのかを紹介する。

 

Kindle Unlimited 読み放題タイトル

Kindle Unlimited 読み放題タイトル

 

以下の記事も一緒に読まれています