超お得な今どきの電子書籍の定額サービス

f:id:stanleyblenz:20170827220855j:plain

最近は全く書店に行かなくなりましたね。
以前であれば週1回程度は仕事帰りを中心に書店に寄っていたんですけどね。
自宅の近くにも書店があるのですが、休日を含めても全く書店には行かなくなりました。
それというのも、電子書籍の定額サービスの存在が大きいですね。
雑誌であればほとんどが電子書籍の定額サービスで読めてしまいます。
雑誌と比べると、雑誌以外の本の読み放題の対象は多くはありませんが、それでもいろいろな本が読み放題で読めてしまいます。
電子書籍であれば場所もとりませんし、紙の本はここ数年は全く買っていません。
本を買う場合は、Kindleで購入するようにしています。
電子書籍であれば紙の雑誌を購入するのに比べて割引になっているものも多いですが、それでもやはりそれなりのお値段がかかります。
お金はなるべくかけたくないけど、いろいろな本を読みたい!という方は、電子書籍の定額サービスが断然おすすめです。

 

電子書籍の定額サービスは三強です

Kindle Unlimited
楽天マガジン
・dマガジン
電子書籍の定額サービスといえばこの3つで決まりです。
楽天マガジンとdマガジンは雑誌のみ。
Kindle Unlimitedは、雑誌以外にもコミック、ビジネス書、小説、実用本、洋書などが対象です。
わたしは、Kindle Unlimitedと楽天マガジンの2つを利用しています。

 

Kindle Unlimited

f:id:stanleyblenz:20170827222241p:plain

月額¥980円
(30日間お試し無料)
・コミック、雑誌、ビジネス書、小説、実用本、洋書など
・同時にダウンロードできるものは10冊まで。11冊目をダウンロードしようとすると1冊終了する必要があります

 

チョイスされている本は決してベストセラーばかりというわけではないですが、とにかく圧倒的な作品数が揃っているので、気になるものがきっと見つかると思います。
Kindle Unlimitedは、普段なら購入することはないけど、Kindle Unlimitedのタイトルを眺めていたら、ちょっと気になって読み放題だから試しに読んでみよう的な感じで読んでみるものが多いです。
値段を気にせず、気軽に読めることがいいですね。
購入することはないけど、立ち読みなら・・という感じでとりあえずいろいろ読んでいます。
なかには Kindle Unlimited でこれが読めるのか!という発見もあり、掘り出し物を見つける楽しさもありますね。
小説の場合はちゃんと読みますが、それ以外のものであれば基本は流し読みです。
期待をしすぎず、ちょっとためになったなーとか、ちょっと得したなーぐらいの気持ちで読むのがいいと思います。
それができるが定額サービスの魅力ですからね。
期間限定の本も多いので、頻繁に Kindle Unlimited でチェックしています。
最新のベストセラーが読みたい!というかたにはあまり向いていませんが、それほど本にこだわりがないのであれば、Kindle Unlimited は絶対おすすめです。

 

楽天マガジン

f:id:stanleyblenz:20170827221843p:plain

月額プラン¥380円
年間プラン¥3,600円(960円お得)
楽天スーパーポイントで支払いができます
(31日間お試し無料)
・約200雑誌
・11ジャンルの人気雑誌
・最新号やバックナンバーが読み放題
・お好きな雑誌の最新号やバックナンバーも読み放題
・デバイスは最大5台まで共用可能

 

Kindle Unlimitedとは違い、こちらは雑誌のみになります。
雑誌のみという限定になりますが、種類と価格を圧倒的な魅力があります。
普段定期的に購入している雑誌がある方は、間違いなく「楽天マガジン」に切り替えた方がお得です。
コンビニや本屋で立ち読みしていた雑誌など、「楽天マガジン」は間違いなくあると思います。
dマガジンとKindle Unlimitedはどちらか一方を選択するのではなく、お互いの足りない部分を補完しあってくれているので、両方入るのがベストな選択だと思います。
もちろん、わたしは両方の利用です。

 

dマガジン

f:id:stanleyblenz:20170604002434p:plain

月額¥400円
(31日間お試し無料)
・180種類以上の雑誌
・ドコモのサービスです
・dアカウントをお持ちであれば、ドコモ契約者でない方も利用可能

 

Kindle Unlimitedとは違い、こちらは雑誌のみになります。
雑誌のみという限定になりますが、種類と価格を圧倒的な魅力があります。
雑誌のみで言い方は、先ほどの「楽天マガジン」と「dマガジン」のどちらか二者一択といったところでしょうか。
以前は、わたしは「dマガジン」を利用していたのですが、現在は「楽天マガジン」に乗り換えています。
「dマガジン」がダメというわけではなく、あくまでたまたま「楽天マガジン」に乗り換えただけです(笑)
ドコモの携帯を解約して、格安SIMの『楽天モバイル』に変えたりしたのでドコモとの関係が疎遠になったとか(笑)、なんとなく「楽天マガジン」の方が操作性が自分によりフィットしたとかそれぐらいの理由です。

 

最後に

タブレット電子書籍を読む場合は、10インチサイズのタブレットがおすすめです。
わたしは8インチのタブレットを使っていますが、雑誌の場合は、それだと少し字が読みづらい時があります。
雑誌を読む時は、ところどころ文字を拡大しながら読んでいます。
コミックや小説などは8インチでも問題ありません。
電子書籍の定額サービスを利用する場合、タブレットで利用するかたが多いと思いますが、タブレット選びも重要です。
インターネットにつながっていないオフライン状態でも読むことはできますので、いつでもどこでも電子書籍をお楽しみいただけます。

 

以下の記事も一緒に読まれています