気軽に読める Kindle Unlimited 読み放題のおすすめ本 2017年7月編

f:id:stanleyblenz:20170801105842j:plain

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

Kindle Unlimited を使っているでしょうか?
Kindle Unlimited とは月額 ¥980円でマンガ、雑誌、小説、実用本、洋書などが読み放題のAmazonの読書サービスです。
(1カ月無料体験あり)

 

チョイスされている本は決してベストセラーばかりというわけではないですが、とにかく圧倒的な作品数が揃っているので、気になるものがきっと見つかると思います。
わたしの Kindle Unlimited での本を選ぶ基準は、表紙のデザインや気になるタイトルで決めたり、どこかで聞いたことあるなー、見たことあるなーという感じで、ランダムに選んで読んでいます。
値段を気にせず、気軽に読めることがいいですね。
購入することはないけど、立ち読みなら・・という感じでとりあえずいろいろ読んでいます。
なかには Kindle Unlimited でこれが読めるのか!という発見もあり、掘り出し物を見つける楽しさもありますね。
小説の場合はちゃんと読みますが、それ以外のものであれば基本は流し読みです。
期待をしすぎず、ちょっとためになったなーとか、ちょっと得したなーぐらいの気持ちで読むのがいいと思います。
それができるが定額サービスの魅力ですからね。
期間限定の本も多いので、頻繁に Kindle Unlimited でチェックしています。
最新のベストセラーが読みたい!というかたにはあまり向いていませんが、それほど本にこだわりがないのであれば、
Kindle Unlimited は絶対おすすめです。

 

Kindle Unlimited:読み放題 ジャンルとアイテム数

文学・評論 (18,820)
人文・思想 (16,304)
社会・政治 (7,236)
ノンフィクション (2,337)
歴史・地理 (6,238)
ビジネス・経済 (9,052)
投資・金融・会社経営 (3,753)
科学・テクノロジー (6,374)
医学・薬学 (1,582)
コンピュータ・IT (2,799)
アート・建築・デザイン (7,210)
趣味・実用 (8,085)
スポーツ・アウトドア (3,034)
資格・検定・就職 (481)
暮らし・健康・子育て (6,811)
旅行ガイド・マップ (2,811)
語学・辞事典・年鑑 (2,090)
教育・学参・受験 (4,281)
絵本・児童書 (2,920)
コミック (30,990)
ライトノベル (2,250)
ボーイズラブ (3,673)
ティーンズラブ (1,387)
タレント写真集 (5,619)
エンターテイメント (2,148)
楽譜・スコア・音楽書 (392)
雑誌 (6,928)
アダルト (22,681)

 

Kindle Unlimited で読んだ本の一覧 2017年7月編

迫り来る〆切! 大一番のプレゼン!
しかし原稿用紙は白紙のまま!
どうすればいいんだ!
今すぐストーリーを作る必要に迫られているのに、全然書けないあなたのために、プロット分析の専門家が話をドラマチックに盛り上げるための構成の秘密を教えます!
思わず人が読みたくなるストーリーとは何か?
あなたの作品が面白いと言われないのはなぜか?
その秘密を解明するのがこの本です。
さらに「ではどうすれば面白い物語が書けるのか?」を詳細で豊富なレシピを使って具体的に解説します。
<目次>
・面白くない物語の作り方
・ユーモアという武器
・「悪」についてわしも考えた
・物語を効率的に組み立てる魔法「フィードフォワード
ゴッドファーザーはつらいよ! ~その名前でいいのか
・オープニングシーンを最後に作るべき三つの根拠
・立派な「悪」を描くために、あなたが自分に問いかけるべき三つの質問
・吸血鬼が教えてくれる「高品質な恐怖」の描き方
・物語を盛り上げるのに絶対に欠かせない三つのアイデアとは
・満月の夜に狼男を駆使して読者をあっと驚かせるには(笑)
・しりとりで体感する「物語の終わらせ方」
・面白い物語を組み立てるためのマストなプロセスとは?
・面白い物語のコアなアイデア発想法
・クライマックスの作り方
・『AKIRA』の対立軸、『百鬼夜行抄』の切り札 など 

 

誰でも60分で以上スイスイ講演ができるコツ

誰でもできてしっかり盛り上がる「講演のコツ」、あります!
初めて講演を頼まれた人や、経験はあるけれどなかなか手応えを感じられない人のための講演の実践ノウハウが満載です。
「話の組み立て方」から、話し方、事前準備のキモまで、バッチリ紹介。
話術に自信がない、何をどうしたら喜んでもらえるか分からない、そんな不安を吹き飛ばす、「60分があっという間!」のカンタンな方法が盛りだくさん! 

面白いストーリーの作り方 スキルアップ編 ストーリーデザインの方法

 

デイビッド・セインの世界一便利な単語帳 知ってそうで知らない実用単語

知ってそうで知らない実用単語。
身の回りのすべてが詰まった全12章。
ネイティヴなら誰でも知ってる身近な英単語。
日本人の盲点となっている頻出単語が満載です!
セイン先生が、身近でとてもよく使う単語なのに、学校では教えてもらえなかった、日本人英語の盲点となっている単語を厳選。
「衣食住」から「喜怒哀楽」まで、これ一冊で、使える語彙が飛躍的に増えることは間違いなし!
語彙力を日々磨いているつもりなのにうまく会話ができない…、そんな悩みを持つ人は必見。
ただ漫然と単語を覚えていくだけでは非効率です。
「ネイティブなら誰でも知っている表現」を中心に語彙力を広げていくことがコツです。
この本には、それがたくさん詰まっています。
▼目次
・第1章 数字
・第2章 地球・宇宙
・第3章 動物・植物
・第4章 食べもの
・第5章 家族・生活・時間
・第6章 からだ・病気
・第7章 欧米
・第8章 日本
・第9章 ビジネス
・第10章 社会・教育・宗教
・第11章 ことば
・第12章 喜怒哀楽 

 

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

流行る店とチャンスをつぶす店はどこが違うのか?
1年365日外食を続ける堀江貴文氏だからこその、全く新しい視点でのレストランビジネスへの提言です。
大炎上した「鮨屋の修業問題発言」の真意は? 食べログとはどう付き合うべきか?
飲食店は今、大きな岐路に立っています。
唯一無二の個性を追い求めながら、SNSを上手に使い、理不尽とも思える批判や中傷、ドタキャンに立ち向かっていかねばなりません。
この本は、そんな時代の中で必死に営業を続ける人々へのリアルな応援歌です。
そして、レストランを愛するすべての人々に読んでいただきたい一冊でもあります。
本書内には堀江氏ならではの鋭い視点からの飲食店改革論と共に、実際の有名レストランシェフたちの悩みにもズバリと解答しています。
さらに巻末には著者が推薦する457店のリストもついていますので、こちらもお楽しみください。
第1章 僕はなぜおいしいものを食べたいのか
第2章「食べログ」「ドタキャン」「人材確保」を解決する
第3章 レストランビジネスで成功するために覚えておいてほしいこと
第4章「いい客」になるために
第5章 ホリエモンが解決する! レストラン経営の悩み相談室
第6章 ホリエモンの“食”遍歴
特別付録 ホリエモンが認めた全457店リスト 

 

刑務所いたけど何か質問ある?

電子オリジナル作品!
ホリエモン“獄中記”が、マンガ完全版として登場!
1年9ヶ月の刑務所生活が遂に終わった。
塀の中でホリエモンは一体何を考え、何をしてきたのか?
検閲なしで、刑務所のすべてを大暴露!
全てマンガで描く獄中記です。
「収監準備」「獄中メシ」「刑務作業」「しきたり」「面会」「忍耐力」「2類昇格」「最後の試練!」「仮出所きたー!」etc.
「これは私の1年9ヶ月にわたる獄中生活の記録である。
そこに多くの人が見たことのないであろう、特殊な世界が存在する」。
時に爆笑し、時に人生を考え、時にしみじみする、究極の1冊。 

 

MacBook仕事術!2017

MacBookを最大限に活用して、より快適かつ創造的に仕事を進めるためのテクニック集です。
2016年10月に発表された新しいMacBook Proをはじめ、9月に無料で配布された新しいmacOSSierra」の機能や使いやすさなど、話題がつきることのないMacBook
特に新たにProに搭載された「Touch Bar」は非常に注目を集めています。
本書は、「Sierra」で可能になったMacBookの効率的な使い方はもちろん、飛躍的に機能アップできるフリーソフトやユーティリティなど、「これを知らなかったら大損だった! 」と嘆きたくなるようなアイデアをできる限り詰め込みました。
特に今回はデスクトップを広く使うテクニックや、限りあるストレージを上手く活用する方法。
また安価に拡張する方法、などMacBookユーザーなら必見の記事に満ちています。
1章=「入力」
2章=「情報収集」
3章=「編集」
4章=「整理」
5章=「効率化」
6章=「管理」
本書は以上のような章立てで、満を持して登場したSiriの利用法。
標準メモアプリの便利な使い方、ベストなクラウドノートを判断する方法。
FTPをストレージ化する裏ワザ、マイクロソフトのOfficeを買わずにExcelファイルにどう向き合うか?
などの鋭いテーマを丁寧に解説しています。
また、人気サイト「LIG」の野尻湖オフィスを徹底取材しています!
湖上にせり出したオフィスで、MacBookを片手に快適に仕事をこなすスタッフ
……その光景をとらえた写真も必見です。
この1冊で、MacBookの必須テクニックをすべてマスターしてください!

 

ⅰPad仕事術

ソファでくつろぎながらウェブをチェックしたり、ゲームを楽しんだり、
屋外で電子書籍を楽しんだりと、今ではすっかり日常に溶け込んで使われているiPad
しかし、この超高性能タブレットの実力はそんなものではありません!
オフィス書類の作成・編集はもちろん、緻密な企画書の作成、様々なラフスケッチ、長文原稿の執筆、動画も盛り込んだプレゼンテーションなど、完璧な仕事ツールとして100%こなせるポテンシャルを持っているのです。
本書では、以下のような章立てで、iPadで仕事をサクサクと処理していく方法をわかりやすく紹介します。
1章=「入力」
2章=「編集」
3章=「情報収集」
4章=「効率化」
5章=「管理」
手描きノートアプリの最高峰「Metamoji Note」のわかりやすい解説、PDF編集や画像編集を、iPadの良さを活かして完璧に行う方法、FAXを無料で送信できる超便利な小技など。
iPadをもっとさまざまな用途に使いたい、仕事にさらに活用したい……という人には必読の一冊です。
また、今号では、ミニマリストとして人気のmalzackさんが語る「手描きノートアプリの使い方」や、映像ディレクターの鈴木ツヨシさんが語る「絵コンテをiPadで描く方法」など、他では読めない貴重な記事も収録しています。 

 

日経ビジネスアソシエ2017年6月号

特集1 結果は「準備」で9割決まる
・破綻する段取り×うまくいく段取り
・一流たちの段取りの流儀
・“段取り”にこそ、時間をかける 「手早く終わらせよう」は要注意
・「段取り」は、みんなが気持ちいい 「ファインゴール」のために行う!
・分類した作業の中から 「今やりたいこと」をやる ユニーク段取りで400案件同時進行
・世界の一流人の“言葉”から学ぶ 圧倒的な成果を生む準備力
トヨタ&グーグル 段取りの作法
・まずは「ムダ取り」&「カイゼン」 トヨタの段取り
Google流 人間関係の作り方
・誰も教えてくれない段取りの教科書
・段取りのカギを握る 「仕事をためない」働き方
・「時間の見積もり」向上術
・鉄板「根回し」術
・「頼み仕事」4つの鉄則
・自称“段取り上手”が陥る 危険な「3つの落とし穴」
・段取りの破綻を防ぐ秘伝の技
・「自分への指図書」作成で心が楽に、サクサク仕事が進む
・“割り込み仕事”に振り回されない技術
・段取りの「見える化」でミスやトラブルを撲滅
・いつも段取りが成功する人の10の習慣
特集2 “あるある”法律トラブル防衛術
・法律相談20のギモン
・痴漢冤罪に巻き込まれた あなたが「やれること」「やるべきこと」 

 

入社1年目から差がついていた!お金が貯まる人は何が違うのか?

「年収が低くて、お金を貯めるのが大変」、「どうしても貯金が続かない」
20代、30代の人たちがお金を貯めるには、切り詰めた節約をしなければならないというイメージがあるようです。
しかし、年収が低くても、ズボラでも、仕組みさえつくれば、お金は勝手に貯まっていきます。
多くのお金が貯まらない人を、お金が貯まる人に変えてきた著者が、入社1年目からお金が貯まる仕組みづくりを伝授します!

 

なぜ、嫌われ者だけが出世するのか?

手柄の奪い合い、理不尽な人事、嫉妬とプライド…。人間は、必ず人の足を引っ張る。
対人・社会心理学を専門とする著者が、社会で起こる「人間の足の引っ張り合い」や「いじめ」にユニークでわかりやすい視点で切り込む。
巻頭には、ベストセラー『社内政治の教科書』著者の高城幸司氏との特別対談を収録!!
【目次より】
◆人はなぜ、足を引っ張り合うのか? 高城幸司VS.齊藤勇
◆第一部 人間関係学 理論編
1 あなた一人だけ、みんなと違った意見を言えますか?
2 「みんなが君を批判しているよ」の「みんな」って何人のこと?
3 「出る杭は打たれる」というが、「出る杭」の影響力を検証する
4 会議はすればするほど、人の意見を偏らせる
5 「組織のため」という大義名分は人間を残酷にさせる
6 地位は人をつくり、人をワンマンにもさせる
7 「出世しやすい」ポジションは本当に存在するのか
8 「いじめ」はどんなリーダーシップのときに起きるのか
9 人はなぜ、他人を信用できずに足を引っ張るのか
10 ライバルが「同じ権限」を持つとき、最悪の悲劇は起きる
11 関係者が増えると、人はなぜ、火中の栗を拾わなくなるのか
12 人はどのようなときに手を握り、どのようなときに争うのか
13 出世すると、友人が減るタイプの人間がいる
◆第二部 人間関係学 応用編
1 人事考課はなぜ、「先入観」に左右されるのか
2 「理不尽な人事」を人はどう受け入れるのか
3 人間は自分の都合のいいように他人を解釈する
4 執着心の炎はどのようなときに燃え上がるのか
5 協調的と個性的……日本社会ではどちらが有利か
6 業績評価にはなぜ、上司のバイアスがかかるのか
7 「御中元・御歳暮」の心理的コストと心理的利益を分析する
8 権力という魔性にとりつかれると、人は「乱用の罠」にはまる
9 自分が嫌うと相手も嫌う……人間関係の悪循環は断ち切れるか
10 年俸制時代の「手柄の奪い合い」は防げるか
11 「日本型」業績給与社会は茶坊主を増やすだけである
12 「自尊心」の刃はなぜ、同僚や友人に向くのか 

 

Theプレゼン 苦手なプレゼンテーションをたった3日で克服する本!

本書では、「プレゼンの5つのコツを理解し、3日間練習することで、中級者になる」ことを目指しています。
社会人や学生にとって、会議・スピーチ・発表・面接などで、それなりに上手いプレゼンター(中級者)になるためのコツや方法をプレゼン講師が解説しております。
「プレゼンで大事な30のポイント」「プレゼンで押さえておきたい48のテクニック」などのように、3日では読みきるだけで精一杯という内容は目指しておりません。
コツが暗記でき、3日でマスターできる内容となるように、ポイントを絞り込んでいます。
手広くやるよりも、非常に重要な5つのコツにフォーカスして、何度もプレゼン動画を自撮りして練習していきましょう。
また、本書ではパワーポイント資料の作成方法についても手順やコツを解説しております。
◎本書は下記の人を対象としています
・人前で話すのが苦手な人
・プレゼンで最優先となる5つのコツは何か?と聞かれてすぐに浮かばない人
・プレゼンを短期的に中級者レベルまで上げたい人
・部下のプレゼンのレビューポイントが分からない人
・結婚式のスピーチを頼まれた人
・「プレゼン上手いですね」とたまには言われたい人
・パワーポイントの作成方法が分からない人
◎目次
第1章 はじめに
第2章 5つのコツ
第3章 お手本動画
第4章 練習方法
第5章 さらに上手くなるために(プレゼン上級編、パワポの作り方)
第6章 終わりに 

 

Androidタブレット便利すぎる!230のテクニック

タブレットを徹底的に使いこなす
お得な裏技と必携アプリをオールインワン!
Android 6.0/7.0に対応した2017年最新版です。
使いたいときにすぐに起動し、ネットやメール、SNSを気軽に楽しめるタブレット
しかし、本来のパワフルな実力を引き出せば、もっと便利にもっと快適に利用できるのはもちろん、新しい使い方も見つかるはず。
本書は、タブレットを買ってはみたものの宝の持ち腐れになっているユーザーや、もっと幅広い用途に活用したいユーザー、ベストな設定方法やアプリを知りたいユーザーへ向けて230の絶対役立つテクニックを紹介。
日々の使い方を劇的に変える1冊になるはずです。
1 基本便利技
標準搭載ながらも気づきにくい便利機能や必須の設定を総まとめ。Android 7.0の新機能も解説
2 メールとLINE
Gmailの快適技や人気アプリLINEの使い方から裏技まで
3 ネットの快適技
ネットでの情報収集やSNSをしっかり使いこなすテクニック
4 写真・音楽・動画
人気の写真加工アプリやYouTubeの保存、動画や音楽のテクニック
5 仕事効率化
クラウドやOfficeファイルの取り扱いなど仕事効率化に役立つ便利技
6 設定とカスタマイズ
タブレットを自分仕様にする設定&カスタム技、1歩進んだ自動化アプリなど
7 生活お役立ち技
Googleマップの活用技や乗換案内、天気予報など毎日助かる情報が満載
8 トラブル解決とメンテナンス
調子が悪い、フリーズしたなどのよくあるトラブルを完全解決

 

クラウド活用テクニック150

DropboxEvernoteGmail、OneDriveなどを中心とした「クラウドツール」のWindows用解説書です。
今ではすっかり一般的になった「クラウド」ツールですが、多くの人が使うようになったとはいえ、ほとんどの場合は極めて基本的な使い方に留まっている、という状態なのではないでしょうか。
DropboxEvernoteも、あと一歩理解が深まれば格段に便利に使えるテクニックが豊富に揃っています。
本書は、代表的なクラウドツールを使って可能になる、最も実用的、効率的なテクニックを完全網羅した一冊です。
各ツールの代表的なテクニックはもちろん、「えっ、こんなことも可能なの!?」という驚きの技も掲載しています。
紹介する代表的なツール
Evernote
Dropbox
Gmail
Googleドライブ
・OneDrive
OneNote
・チャットワーク
・Workflowy......etc.

 

人生の9割は逃げていい。

人生で起こる9割の出来事は大したことではない!
学校、就職、人間関係など、人生のほとんどのことから逃げてきたにもかかわらず、ヴァージン・グループの創始者リチャード・ブランソンなど世界の成功者たちと交流したり、若くして成功している著者が教える、大切な1割に向き合い、お金も時間も心も自由な生活を手に入れる秘訣。 

 

23歳ゆとり、1年半で会社をやめました

「とりあえず3年は辞めるべきではない」
就職活動の場で、入社した先の企業で、何度も耳にしたこの主張。
ですが実際のところ、本当に「3年」という基準は妥当なものなのでしょうか?
大学を卒業し、それから3年間は何があってもひたすら耐え忍び、自分を殺してまで続けるべきなのでしょうか?
私も入社当時はまったく疑問を覚えることもなく、この「3年」という数字を目標に働く日々を送っておりました。
しかし、結局は耐え切れずに1年半で退職し、23歳のときに無職になった人間です。
本書は、平成元年生まれの「ゆとり世代」ど真ん中である著者が、ブログに記してきた「働く」ことに関する文章を再構成し、一冊の本としてまとめたものとなります。
「今すぐに辞めちまえ!」とか「とりあえず3年は我慢!」とか、一面的に断言するつもりはありません。
むしろ、会社を辞めようかどうしようか悩んだときに参考にできそうな、いくつかの考え方を示すような切り口で書き上げたつもりです。
主に同世代の、自分と同じように「新卒三年以内」で退職を考え、悩んでいる人たちに寄り添える内容となっていれば幸いです。
目次
1.「辞めたい」の理由を考える
  妥協点を考えるための3要素「金」「人」「やりがい」
  「辞めたい」けれど、前向きな理由がない場合
  在職中から選択肢を増やすためには
2.思考停止のマジックワード「とりあえず三年」「社会人はかくあるべし」
  「社会人」ってなに? 無職は「社会人」じゃないの?
  「これだからゆとり世代は」とは言うけれど
  「とりあえず三年間」は正しいの?
3.「やりたいこと」の見つけ方と、退職の準備
  「やりたいこと」へ向けた準備をする
  自己分析によって「やりたいこと」を考える
  現時点での「最新版の自分」を把握する
  会社の辞め方と、辞めるタイミング
4.「レール」を飛び降りた先に見えたもの
  入社した会社はブラック企業
  病気で寝込み、我に返った
  身体の変化と、将来の展望と、退職と
  退職の相談と転職活動
  無職の日常、ネットを介した出会い、独立
5.「働く」を再考するためのブックガイド 

 

孫正義の焦燥

ソフトバンク孫正義社長は現役最強の経営者だ。
しかし、このままでは歴史に名を残す経営者にはなれないのではないか。
本書では孫社長や関係者へのインタビューを基に、そんな問いを投げかける。
この3年ほどソフトバンクは、米国本格進出やアジア企業への投資、ロボットやエネルギー事業への参入と業容が急拡大している。
孫社長は個別事業の説明はしてもメディアの個別取材を受ける機会が激減し、経営の全体像が見えにくくなった。
その間に、ソフトバンクが大きな課題に直面している。
課題の1つは、2013年に買収した米携帯電話3位のスプリントの低迷だ。
市場からは「スプリントを売却するのではないか」との声が出始めている。
2つ目の課題は、急速に拡大した事業構造だ。ロボット事業やエネルギー事業、海外ネット関連企業へ出資と拡大路線をひた走っている。
その半面で、国内事業が手薄になっている。
課題の3つ目は収益基盤である国内事業の成長鈍化だ。
世界ではM&A(買収・合併)など攻撃的な経営を貫いているものの、国内においては現金を稼ぐための守りの姿勢が目立つ。
挑戦者というイメージを持っていた顧客は、変節と捉えかねない。
保守的な戦略をとり続ければ消費者の味方ではなく、既得権益者というイメージが付く。
社員にも勝ち組としての意識が染み付き、大企業病が蔓延し、中長期的にはソフトバンクの競争力を損ないかねない。
歴史に名を残す経営者になるために、これらの課題にどのように立ち向かっていくのか。
孫社長や関係者を徹底取材し、経営者「孫正義」の実像に迫った。 

 

Kindle Unlimited 読み放題タイトル

Kindle Unlimited 読み放題タイトル

 

以下の記事も一緒に読まれています