スキャナーで家の中から紙を処分したプチミニマリスト生活

f:id:stanleyblenz:20170704234409p:plain

みなさんは部屋をきれいに整頓されているでしょうか。
日々増えてゆく書類は、場所を取るし、必要な時に必要なものを探すのは大変です。
本や雑誌が並ぶ本棚は見ていて気持ちがいいですが、数が増えてくると置き場に困ります。
後で読むかもと残しておいたものでも、結局読み返すことがなかったり、読み返す場合であっても、読み返すのは、ほんの一部の箇所であったりもします。
そのほかにも、郵便物や資料など、気づいたらたまっていたなんて経験は誰にでもありますよね。

 

わたしはきれい好きなので比較的部屋は綺麗に整頓されているほうなのですが、それでも、いつ読み返すかわからない本や雑誌、適当に袋に入れられた郵便物などがたまっていました。
部屋をもっとシンプルにきれいにしたなーと考えていたんです。

 

そこで、しばらく前からは、スキャナで紙をデータ化することにしています。
データ化しておけば、パソコンに保存できて場所も必要なくなります。
全てパソコンに保存されているので、必要なときにすぐ取り出すこともできるので使い勝手もいいです。
そして余計なものがなくなり部屋がとてもきれいになり、いけてる感が格段にアップします(笑)。←けっこうポイント高い!

 

ミニマリストになれる!?

ミニマリストなんて言葉も最近よく聞くようになりましたが(ミニマリストとは最小限のものだけで暮らす人のことです)、あそこまで極端にものを無くすわけではないですが、余計なものは持たないシンプルな暮らしにはとても共感できます。
わたしの場合は、プチミニマリストといった感じでしょうか。
基本的にものは少ないほうが部屋はきれいになりますし、見た目もすっきりして知的な感じがします。
初めて自宅に来る友人には必ず「部屋きれい!」といわれますし、ときには「社長の部屋みたい!」と言われることもあります。
(本当の社長だったらもっと広い部屋に住んでいるだろうと思いますが・・部屋がシンプルだと知的な雰囲気がでるみたいですね)

 

今では、紙類のものであれば、だいたいのものはスキャンしてパソコンにつっこむようにしています。
保存したデータをフォルダに整理整頓しておけば、探すのも簡単で作業効率もアップします。

 

スキャナで何ができるか

スキャナでデータをデジタル化する対象としては、ぱっと考えただけでも以下のようなものが思いつきます。
・資料の保存
・郵便物の保存
・雑誌の記事の保存
・新聞記事の保存
・参考書のポイント箇所の保存
・本のお気に入りの箇所の保存
・取り扱い説明書の保存
・名刺の保存

 

そのほかにもあると思いますが、やはり紙のものってけっこうありますよね。
探せばいたるところにあるそんな紙たちが、スキャナがあれば限りなくゼロになります。
スキャナのある生活が少しはイメージできたでしょうか。

 

スキャナのタイプ

スキャナは大きく分けて3つのタイプあります。
①コピー機ように挟んでスキャンするタイプ。
②FAXのように読み込みながらスキャンするタイプ。
③なぞりながらスキャンするタイプ。

 

タイプが異なっても値段は異なりますし、同じタイプでも性能によって値段は異なります。
値段が比較的安い価格帯になっているのは、最後の③のなぞりながらスキャンするタイプのハンディスキャナですね。
(かと言ってほかのタイプが高いわけではありません。ピンキリです)
大きさ的には、①②③すべて小型化されているので、自宅で使う場合でも邪魔にはなりません。

 

特徴としては、①②のプリンタータイプのスキャナの場合、読み込むために切り抜く必要がありますが(1枚ぺらの状態でないとスキャンできない)、ハンディスキャナの場合、雑誌や本でも切り抜く必要がなく、そのままの状態でスキャンできるので、それはグッドポイントです。
スキャンしているときも力を入れる必要もないので、本に折り目をつける心配もありません。
ただし、ハンディスキャナの場合、手ブレをすると当然、スキャンの内容も手ブレします。ずれないように慎重にスキャンする必要がありますが、プリンタータイプであれば、手ブレの心配はありません。待っていればいいだけ。これはプリンタータイプのグッドポイントです。

 

わたしのおすすめスキャナ

このように各スキャナの特徴は異なるのですが、最終的にわたしが選んだのは、ハンディスキャナです。
スキャンするのに、いちいち切り抜く必要がないというのが最大の決め手でした。
思い立ったときに、メモ代わりにさっとスキャンできるのがとても便利です。
ちなみにわたしが持っているのは以下の商品です。

f:id:stanleyblenz:20170705001229p:plain

AcTopp ハンディスキャナ モバイルスキャナ
¥5,790円

 

商品仕様
・A4用紙、名刺、雑誌、書類などをmicroSDに保存(microSDカード(2GB)は附属しています)
・対応OS(Windows)は、Windows 10、8.1、8、7、Vista・XP
・対応OS(Mac)は、Mac OS X 10.4から10.8.2
・解像度は、スピード重視の300DPI・写真明晰の600DPI・超高画質の900DPIの3段階から選択
・保存形式は、「JPEG」と「PDF」
・電源は、単三形アルカリ乾電池2本 (※別途購入が必要)
・サイズは、25cm×2.8cm×2.5cm
・重量は、約145g
・解像度は、300DPIから900DPI
・保存形式は、JPEGとPDFを選択

 

単3電池2本で稼働する、ハンディスキャナーです。
操作は非常に簡単で、電源を入れて、ボタンを押して、スキャンするものに対してスライドするだけでスキャンできます。
とても簡単です。
保存したデータをスキャナからパソコンへの転送もスムーズにできます。
大きさ・重さもコンパクトなので、置き場にも困りません。
持ち歩くにも便利で、室内でも外出先でも様々な場所で使用できます。
価格も安く、家庭用としてはコスパも非常にいいです。
スキャンサイズはA4まで可能です。
スキャンしたものは、「JPEG」と「PDF」のファイルで保存されるので、後でエクセルなどにも連携できます。
挿入したmicroSDカードに保存してくれます。

いちおう悪い点もあげておきます。
最大のマイナスポイントは、電源が乾電池式なところです。
乾電池は別なので、いちいち乾電池を購入するのが面倒くさいです。
余計な費用もかかりますし。
USBケーブル型でパソコンにつないで、そのまま充電できるタイプであればベストでしたね。
それと上記でお伝えしたように、操作は簡単ですが、手ブレすると、スキャン内容もブレます。そうなったらやり直せばいいことですが、そもそもすぐ慣れるとは思いますが1、2回は失敗するかもしれません。
その点、プリンタータイプのスキャナであれば手ブレの心配はありません。

 

マイナスポイントもありますが、全体的には満足しています。
価格もお手頃ですし、決して買って損はないアイテムです。
あると非常に便利です。
もちろんスキャナはこれ以外にも多数ありますので、自分の好みにあったものを探せばいいと思います。
紙なし生活でプチミニマリストを目指してみてはいかがでしょうか。

 

以下の記事も一緒に読まれています