hulu、Netflix、Amazonビデオのおすすめオリジナル作品まとめ【随時更新】

f:id:stanleyblenz:20170615215515j:plain

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

映画、ドラマ、アニメ、バラエティ番組を、hulu、NetflixAmazonビデオで見ているかたも多いと思います。
見損なってしまった映画や気になっていたドラマ・アニメを見ることが多いと思いますが、各動画サービスでは、オリジナル作品にもちからを入れています。
動画サービスは基本的には、すでにあるものを買いつけて配信しているので、どうしても作品がかぶってしまうものも多くあります。
これはこれでしょうがないのですが、最近では、オリジナル作品にも各社は予算を使い、バラエティに富んだ、ここでしか見れない作品をいろいろと揃えています。

おもしろい作品を見つけ次第、随時更新していきます。

 

hulu

f:id:stanleyblenz:20170615220103p:plain

hulu
代償
物語は弁護士の圭輔(小栗旬)の元に、強盗殺人事件の容疑者・達也(高橋努)から、
弁護依頼が舞い込むところからスタート。
しかし、それは圭輔にとって「新たなる悪夢との闘いの幕開け」であった――。
圭輔にとって達也は遠い親戚であり、少年時代に一緒に暮らした友人である。
だが、その「友人」は家庭崩壊に人格否定、犯罪教唆、近親憎悪、人身操作・・・
あらゆる卑劣な手を使い、かつて圭輔を「不幸のどん底」へと追い詰めたサイコパスだった!
達也の狙いとは何なのか!?
そして、どんな代償を払ってでも、達也という悪魔に立ち向かうと決めた圭輔を待ち受ける運命とは・・・!?

 このドラマはここ数年でわたしの最大のヒットドラマです。
「代償」を見たときは、ほんとうはそのときにほかに見たいテレビ番組があって、始まるまでにまだ時間があるなー、それまでの時間つぶしに何か見るかなーという感じで、
何気なしに、huluで見たのが「代償」でした。
そして、見事にハマってしまいました。
6話あるので、約6時間をノンストップで見ました。
衝撃のおもしろさです。
最初に見たかったテレビ番組は見るのをやめました(笑)。
小栗旬高橋努の演技も最高でした。
先入観を持たずに、とりあえず見てください!
絶対におすすめです!

 

f:id:stanleyblenz:20170617120530p:plain

hulu
デスノート NEW GENERATION
前作と今作「デスノート Light up the NEW world」までの10年間を繋ぐhuluオリジナルドラマ。
三つ巴の頭脳戦を繰り広げる捜査官・三島、世界的名探偵・竜崎、サイバーテロリスト・紫苑の3名がそれぞれ主人公として描かれる3部作です。

 映画は思ったよりはヒットしなかった感じですが(同時期に『君の名は』がやってたからしょうがないですね。。)、わたしとしては、映画もとてもおもしろかったですね。
藤原竜也主演の10年前の映画デスノートが衝撃的におもしろかったので、今作「デスノート Light up the NEW world」も楽しむことができました。
huluオリジナルドラマのこの3部作は、映画上映前からやっていたので、映画を観に行く前にみました。
やっぱりデスノート最高ですね。
なかでも、Lこと竜崎のストーリーがいちばんおもしろかったです。

 

Amazonビデオ

f:id:stanleyblenz:20170615220711p:plain

Amazonビデオ
今田×東野のカリギュラ
カリギュラ」とは禁止されるほど試したくなる心理現象。
地上波放送では、禁止された企画書の数々。
マニアックすぎて視聴率が見込めない。
コンプライアンス的にNG。
くだらな過ぎる。
しかしそんな禁止された企画書の中には宝が埋もれている。
一度は闇に葬りさられた企画がいま蘇る!

 今田×東野コンビは鉄板ですね。
息もぴったりで、さすがの安定感ですね。
ずっと笑いっぱなしです。
地上波でも絶対に視聴率をとれるクオリティーです。

 

f:id:stanleyblenz:20170615220821p:plain

Amazonビデオ
有田と週刊プロレス
プロレスとは、人生の縮図。
週刊プロレスとは、人生の教科書。
くりぃむしちゅー有田哲平が、毎回1冊の「週刊プロレス」をテーマに、語って、語って、語りまくり、プロレスから学ぶべき人生の教訓を伝授する!!
プロレスが大好きな人も、まったく知らない人も、だれもが笑って学べるプロレス人生塾!
あなたの人生に役立つ「プロレストークバラエティ」、1冊の週刊プロレスから広がる"有田ワールド"を見逃すな!

 有田のプロレス好きは、ラジオのオールナイトニッポンで上田と楽しそうにおしゃべりをしているのを以前聴いていたので、知っていましたが、本当に詳しいです。そしてとても熱いです。プロレス愛がハンパないです。
でも、この番組は、プロレス好きでなくても間違いなく楽しめます。
やっぱり有田のトークは絶妙ですし、プロレスは人生の教訓になるという絞めに話を持っていきますが、こじつけ具合も最高です(笑)
プロレス好きでなくても、有田のフリートークのテーマがたまたまプロレスだったという感じで、試しに見てはいかがでしょうか。
プロレス好き、有田好き以外のかたにもおすすめです。

 

f:id:stanleyblenz:20170615221158p:plain

Amazonビデオ
HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル
松本人志プレゼンツ、密室笑わせ合いサバイバル。
10人の芸人たちが自腹の参加費100万円を握りしめ、芸人のプライドと優勝賞金1000万円をかけて笑わせ合う。
最後まで笑わなかった者が勝ち。
密室に閉じ込められた芸人が極限まで追いつめられることで生まれる本能むき出しの笑いを見逃すな!

正直言って最初のほうはあんまりおもしろくなかったんですよね。
なんか、たんたんと展開が進んでいって。。いつおもしろくなるんだろう??っていう感じでした。
出演者はテレビにででている人気芸人なんですが、爆笑というよりはシュールな笑いが永遠と続いていって、おもわず笑ってしまう感じです。
じわじわくる笑いですね。
笑わなかった者が勝ちというルールで、みんなが笑わらないようにしているので、出演者はなるべくおとなしくしていて、松本人志の笑い声が全編響いています(笑)。
わたしは、おもしろかったですが、はまらないかたもいるかもしれません。
実験的な番組なのかもしれません。

 

f:id:stanleyblenz:20170615221721p:plain

Amazonビデオ
バチェラー・ジャパン
世界一の恋愛リアリティ番組「The Bachelor」遂に日本上陸。
2002年の放送開始から、瞬く間に全米で最も愛される国民的人気番組に成長した「The Bachelor」。
たった1人の理想の男性が、多数の女性の中から最高のパートナーを選び、1人にプロポーズをするという究極の恋愛番組。
これにより、まったく新しい仕組みが数々のドラマを生み、現在では全世界30か国でエピソードが製作されています。
「バチェラー(bachelor)」とは独身男性という意味であり、本シリーズでは、真の愛を見つけ出すチャンスを得た、ある一人の幸運な独身男性バチェラーが、25人の女性たちと様々なデートを繰り返しながら、運命の相手となる最後の1人の女性を選び出していくという恋愛サバイバルが繰り広げられます。
圧倒的にラグジュアリーで非日常な世界で繰り広げられる、他のどの恋愛番組よりもリアルで、時に残酷な現実をお伝えする究極の恋愛リアリティ番組です。

どうせヤラセでしょう?(失礼!)という感じで、最初は見るのを遠慮していたんですが、とりあえず1話は見てみるかという感じで見始めました。そのような感じで見始めたのですが、予想以上におもしろかったです。
実際見てみると、ぜんぜんヤラセな感じもなく、出演女性も本気で、見ていてハラハラドキドキで最後まで楽しめました。
わたしのような食わず嫌いのかたもぜひ、騙されたと思って見てみてください。
ちなみに司会が今田耕司なので、あいのりを見ているような感じでした。

 

Netflix

f:id:stanleyblenz:20170615213608p:plain

Netflix
13の理由
ある女子高生が謎の自殺を遂げた後、1人の同級生の元に、彼女が生前に録音した7本のカセットテープが届く。
そこには、彼女が死を選んだ理由が語られていた。
女子高生ハンナ・ベイカーの自殺に打ちひしがれる家族や友人たち。
なぜ、彼女は自ら命を絶ったのか...。
その理由が今、白日の下にさらされる。
ジェイ・アッシャー原作のベストセラー小説を実写化。

自殺した女子高生のメッセージが入ったカセットテープが物語のキーワード。
シチュエーションが今までのドラマにはない感じで新鮮でした。
小説の実写化のようですが、脚本がいいですね。

 

f:id:stanleyblenz:20170615222428p:plain

Netflix
火花
第153回芥川賞作品
又吉直樹「火花」
売れない芸人の徳永(林遣都)は、営業で行った熱海の花火大会で先輩芸人の神谷(波岡一喜)と出会う。
誰にもこびないスタイルと天才的なセンスに強く惹かれた徳永は、神谷に弟子入りを懇願する。
神谷が伝えた唯一の条件、それは「俺の伝記を作ってほしいねん」という言葉だった。
夜ごと酒を酌み交わしつつ、「お笑い」について熱く語り合う徳永と神谷。
神谷は自らの笑いの哲学をさらけ出し、徳永はそのすべてを吸収しようとする。
馬鹿馬鹿しくも純粋に笑いに向き合う時間を共有する中で、2人の歯車は少しずつ噛み合わなくなっていく。
コンビとして少しずつ売れていく徳永と、すべてがうまくいかずもがき苦しむ神谷。
ある日神谷は借金を抱えたまま、忽然と姿を消してしまうのだった・・・・・・

 

お笑い芸人、ピースの又吉直樹の作品ということで有名ですね。
小説を読んだことはないのですが、ドラマはよかったです。
劇的な展開があるわけではないですが、人生の悩みや葛藤の中で必死に生きる若者の物語には、多くのひとが共感を受ける部分があるのではないでしょうか。

 

f:id:stanleyblenz:20170716223346p:plain

Netflix
ストレンジャー・シングス 未知の世界
少年の失踪事件や超常パワーを持つ謎の少女の出現など、次々に起こる不可解な事件が、インディアナ州の小さな町ホーキンスに潜む驚愕の秘密を暴いていく。
姿を消した少年、人目を忍び行われる数々の実験、破壊的な超常現象、突然現れた少女。
すべての不可解な謎をつなぐのは、小さな町に隠された恐ろしい秘密。

E.T.」や「ポルターガイスト」、数々のスティーヴン・キング作品など、80年代のSF・ホラー映画へのオマージュ満載。
Netflixの紹介文です。
スティーヴン・キングを意識した作品なんですね。(当作品はスティーヴン・キング作ではないです)
わたし的にはどことなく「スタンド・バイ・ミー」っぽくも感じました。
スタンド・バイ・ミースティーヴン・キング作品ですからね。
基本的にはSF・ミステリー系のドラマです。

 

f:id:stanleyblenz:20170603155402p:plain

f:id:stanleyblenz:20170527064513p:plain

f:id:stanleyblenz:20170513014934p:plain

 

以下の記事も一緒に読まれています