読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netflix 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 待望のシーズン5、5月30日より配信開始!

 

f:id:stanleyblenz:20170504002727p:plain

 

 

 

Netflixオリジナルドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』待望のシーズン5

5月30日より配信開始!

 

 

脚本家はかつてヒラリー・クリントンなどの大物政治家のスタッフとして働いた経験をもつ、アメリカ政界を知り尽くした人物です。

 

それだけに現実のアメリカ政界とリンクしたリアルなエピソードが登場してくるのも魅力のひとつ。

 

アメリカ政治を知るために観るべき海外ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」

 

今のアメリカの政界をどこまでもリアルに描き、ドラマで起きる出来事が、恐ろしく現実とシンクロしています。

 

今のアメリカ政治を知るにはこのドラマを観るのが一番の近道です。

。。。知る必要がなくても観て損はないですよ!

 

 

あらすじ

全てはここからはじまった…。
ホワイトハウス入りを目指していた一人の下院議員が欲望、復讐、様々な感情を胸に己の手でのし上がっていく…。

主人公フランクケヴィン・スペイシー)はホワイトハウス入りを目指す下院議員。

 

大統領候補ウォーカー(ミシェル・ギル)を応援しており、彼が当選したあかつきには国務長官のポストをもらう約束をしていた。

 

しかし、大統領に当選したウォーカーはフランクを裏切り、別の人物を候補とする。

 

耐えがたい屈辱を味わったフランクは、手段をえらばず、あの手この手でライバルたちを蹴落とし、ホワイトハウス入りを目指す。。

 

 

そしてハウス・オブ・カードといえば数々の名言が登場します。知っているだけであらゆるシーンで活用できる?!
そんな「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の使える語録をご紹介します。

 

・大統領ともなれば“人間味”を演出しなくては
・欲しいのは未来のヴィジョンだ
・つなぎの大統領で終わる気はない
・必ず勝利し後世に遺産を残す
・権力が金より尊いのは間違いない

 

・強風が吹いているのに逆らうことはない
・“未来を見据える”なら本気でやれ
・私はこの椅子を手放す そっちも譲歩しろ
・アメリカン・ドリームは死んだ
・はっきり言おう 施しに頼る時代は終わりだ

 

・米国には大胆で粘り強い実験が必要だ
・臆病者の“顔”は逃げ去る後ろ姿だ
・まずは“ノー”を“たぶん”に変えよう
・階段から突き落として燃やしてやりたいが 世界大戦は避けねば
・私もこの国も闘うべきだ

 

・KOが無理なら別の手だ
・何が正義か見誤ることもあるが 優柔不断は許されない
・彼を葬るべきか? いや やめておこう
・愛だと? 売りはそれだけか?
・非常事態を決めるのは私だ

 

・攻勢に出るのは楽しい ゾクゾクする
・金策にしくじったら 白昼堂々 銀行を襲うまでだ
闘犬の次はドラゴンか
・悪党と思われようが 私はプレッシャーに強い
・私の敵は“衰退”だ

 

・毒を食らわば皿までだ
・作家はいい物語に抗えない 政治家が守れぬ約束をするように
・許せというのか? 無理な相談だ
・勇気とは何か分かっているのか?
・我々は“生き抜く者”だ


・法より世論で勝つ
・この椅子に敬意を払え
・創造力も勇気のうちだ
・神に誓って君を墓穴に突っ込んでやる
・大統領が何かを動かすなどただの幻想かもな

 

・私は“大統領”を演じる、君は“闘犬”だ
・多少の流血が何だ 国民を喜ばせてやれ
・偽善者になるのを恐れているのか?
・君の死んだような“熱意”に感謝しろとでも?
・約束は守る だが決して勘違いするな

 

・私の要望や振る舞いに不満があっても全てのみ込め
・君らは黙って私に従え 下の者に関わっている暇はない
・私が受け入れるのは 無条件の忠誠だけだ
・ついに我々の仲間入りか? 煙たい奥の間で密談する男たちさ
・あの女 喉を切り裂いてやる

 

・言うことは1つだ くたばるがいい
・私なしでは君など無に等しい
・自由を さもなくば死を
・君は思い上がり 私に嘘をついた
・愚かなのは仕方ない だが危険なマネは許さん

 

・敗北声明は出さない
・食卓が気に入らなければ ひっくり返せ
・2人で政敵たちと戦おう でなきゃ無意味だ
・奴らを叩きのめす
・政治はショービジネスだ 最高のショーを見せよう

 

・品位を持って勝つのが大統領だ
・さあ 交渉の時は尽きた
・“結婚を超える”からには実践しよう
・君は見せかけだ
・我々は恐怖に屈しない 恐怖を生み出すのだ

 

 

活用できるかは別として、とても歯切れのよいセリフばかりです。

口が悪く、けっこうやばいことも言います。

 

いまのアメリカ大統領のトランプ氏にもイメージが若干かぶります。

 

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』

 

おすすめです。