読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Android】JSONを扱う

 

APIを使って外部からJSONでデータを取得した際に、

JavaJSONファイルを操作する際に方法です。

 

例)

JSONObject   ※シングルの場合

JSONArray   ※アレイの場合

JSONObject resJson = new JSONObject(result);  ※result=JSON

JSONArray items = resJson.getJSONArray("items");
int count = items.length();
for (int i = 0; i < count; i++) {
    JSONObject item = items.getJSONObject(i);
    String id = item.getString("id");
    JSONObject idJson = new JSONObject(id);
    String videoId = idJson.getString("videoId");
}

 

上記の例では、複数の「items」から

それぞれ「id」、id配下の「videoid」を取得する例です。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

<自分でJSONファイルを作成する場合①>

JSONArray ary = new JSONArray();
JSONObject obj = new JSONObject();
obj.put("hour", ”10”);     ※設定
ary.put(obj);                  ※設定

ary[0].hour                    ※取得

obj.getString("hour")     ※取得

 

<自分でJSONファイルを作成する場合②>

String injson = "{hour: "10"}";
JSONObject json = new JSONObject(injson); ※設定
json.getString("hour"); ※取得

 

■番外

json.toString(4);

インデント(字下げ)する際の空白文字数を指定できます。

(なにもしないと横につながっていってしまいますよね)

JSONファイルを解析する際に見やすくなります。

 

 

広告を非表示にする