読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Android】gradle.propertiesにプロパティ値を定義する

 

gradle.properties に定義した値は、

プロジェクトから参照できます。

 

Androidの開発におけるベストプラクティス」

によると、パスワードや注意を要するデータはgradle.propertiesに書こう

とあります。

 

github.com

 

Android Studioでプロジェクトを作成し、

gradle.propertiesの中身を見ると、

デフォルトではコメントアウトされていますが、

gradleのビルドについての定義が書かれています。

 

Androidの開発におけるベストプラクティス」

にあるように、ここにパスワードを記述するようにしてみます。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

gradle.properties

apikey = パスワード

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

build.gradle

buildTypes {

      //デバッグ用の場合
  debug {
    buildConfigField "String", "API_KEY", "\"${project.property("apikey")}\""
  }

       //リリース用の場合
  release {
    buildConfigField "String", "API_KEY", "\"${project.property("apikey")}\""
  }
}

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

以上で終了です。

ビルド完了後にBuildConfig.javaに参照可能な定数(API_KEY)が定義されます。

BuildConfig.java

public final class BuildConfig {

     public static final String API_KEY = パスワード

}

 

BuildConfig.API_KEY のかたちで参照できます。

 

 

<Gitにあげたく場合場合、以下のように定義>

/build       ※BuildConfig.javaを公開しない為
gradle.properties  ※gradle.propertiesを公開しない為