読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Android】Instant Run でビルドの高速化

 

Android Studio でビルドの高速化を実現する

 

「Instant Run」

 

を使ってみました。

 

Android Studioで開発している場合、

通常、USBコードでPCと端末をつなぎ、Android Studioの「Run」ボタンで

ビルドが実行され、apkファイルが作成され、端末にインストールされることで

端末でアプリが実行できる状態になります。

 

ですので、javaソースやxmlファイルを修正する場合、

上記を再度、実行することになると思います。

 

ビルドはそれなりに実行に時間がかかるため、待ち時間が発生しますが、

Instant Run を使用すると、apkファイルを作り直し⇒再インストールではなく、

修正箇所だけ反映してくれるため、修正した資産の反映が高速化されることに

なります。

 

 

以下が手順になります。

Android Studio 2.0 以上
・buildToolsVersionを23以上

 

上記の環境であれば、デフォルトで「Instant Run」が有効になっているはずです。

 

f:id:stanleyblenz:20161014000620p:plain

 

「Enable Instarnt Run to ~」にチェックが入っています。(有効)

f:id:stanleyblenz:20161014000818p:plain

 

 

アプリを実行してみます。

 

f:id:stanleyblenz:20161014000407p:plain

 

 

f:id:stanleyblenz:20161014000947p:plain

 

 

一度、起動すると「Run」 ボタンに、稲妻のようなマークがついています。

これが Instant Run の実行ボタンです。

 

f:id:stanleyblenz:20161014001616p:plain

 

 

テキストを 「Hello World!」 ⇒ 「Hello」 に変更し

「Run」 (稲妻つき)ボタン を実行。

 

f:id:stanleyblenz:20161014001301p:plain

 

 

あっという間に、修正内容が反映されます!!!

 

f:id:stanleyblenz:20161014001804p:plain

 

 

 

※注意点

あくまで、疑似的に修正箇所を反映しているだけのため、

apkファイルを再インストールしているわけではありません。

最終的に正式に反映させる場合、apkファイルの再インストールをしてください。

「Run」(稲妻マークつき)になっているので、

「Clean and Rerun」を実行してください。

 

 

以上です。